なるべく少ない費用で浮気調査を依頼するには、事前にある程度自分で調査してから調査会社へ依頼することです。調査とはいっても簡単に出来ることなのです。パートナーの行動を毎日記録するようにすれば立派な調査資料になります。日々のシゴトに出掛ける時間、帰宅した時間、電話で誰かと通話していれば、その時間と話していた時間の記録もしておきましょう。調査機関に依頼したところ、自分の結婚相手の浮気が明らかになった時、離婚するか気づかないままにするのか中々決められずに困りますよね。まず頭を冷やして、探偵事務所に依頼の電話をかける前に、一度考えてみてはいかがでしょうか。夫婦はお互いに貞操義務が生じると法律に明記されていますから、不貞を働いたその相手に対して慰謝料を請求して結婚生活にピリオドを打ち、離婚するのもいいでしょう。例え、配偶者が浮気している場合でも夫婦生活をつづけていきたいのであれば浮気相手との逢引現場にむかうのはやらないほうが無難です。浮気していることを指摘された結果、パートナーの感情を逆なでしてしまい、離婚を避けられない事態に陥る可能性を否定できません。また、浮気相手と接触してしまうと、精神的に追い詰められてしまうかもしれません。離婚を覚悟の上で、慰謝料をちょっとでも多く取りたいと思う場合、浮気の現場に乗り込むと言うやり方もあります。しかし1人で踏み込むと言うやり方を取ると、喧嘩になりやすいので、止めるようおねがいします。あなたが信頼する人と供に行けば、感情的になり事件を起こすことが避けられます。信じて頼れるような人がいないなら、探偵に依頼するのがベストだと思います。頻繁に掛かってきたりまた、掛けているまた掛けていたりするとその相手が浮気相手であるという可能性は非常に高いと言えます。そういったことが見うけられたらその電話番号の相手を断定することが可能ですね。ただパートナーの方が機転が効く人物となりますと、電話での連絡を浮気相手ととったのちには通話の履歴を削除するということを抜かりなく行なうといったような事もあります。